ヨーロッパがすごい

日本の東海道新幹線が開業した後にヨーロッパの高速鉄道の開発が進み、各国で新幹線に負けない車輌が開発されました。ヨーロッパの高速鉄道で代表的なものがフランスのTGVです。フランスが世界に誇る高速列車として知られています。フランスの主要都市を行き来できます。さらに隣国のイタリア、スペイン、ベルギー、ドイツなどへ最高時速320kmで走り抜けます。

工業大国のドイツでもICEという高速鉄道が走っています。東西ドイツ統合後の1991年にデビューしました。車の生産などが有名なドイツの工業技術を結集して作られた魅力的な高速列車です。列車の特徴として内部が気密構造となっています。そのため防音効果も優れていて、他のヨーロッパの高速鉄道よりも静寂性が高い特徴があります。

イギリスにはフランスとドーバー海峡の海底トンネルで結ばれているユーロスターという高速鉄道があります。車輌はフランスのTGVの技術を基礎として造られました。最高速度は時速300キロですが、海底トンネル内は160キロで進行します。

ヨーロッパの高速鉄道はフランスのTGV、ドイツのICE、イギリスのユーロスターが有名です。この他にもフランス、ベルギー、オランダ、ドイツの各国を結ぶ国際列車のタリス、スイスとフランスを結ぶリリアなどがあります。